【省エネ住宅】2015補正予算・2016当初予算案が決定しました☆

住宅の省エネ化を強力に推し進める施策を盛り込んだ2015年度補正予算と2016年度当初予算案が決定しました!

現在、国は2020年を1つのゴールとして、住宅の省エネ化、低炭素化への動きを加速し、「省エネ基準の適合」は当たり前とするよう様々な制度に予算を計上しています。

【国土交通省】

地域型住宅グリーン化事業の対象拡充⇒建築物省エネ法にも対応

15年度補正予算⇒17億円

16年度当初予算案⇒110億円

※「地域型住宅グリーン化事業」とは

地域の工務店グループによる長期優良住宅などの建設を支援するための事業

 

【経済産業省】

住宅省エネリノベーション促進事業⇒戸建の蓄電池・給湯設備も対象

15年度補正予算⇒100億円

住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業補助金⇒予算案を実質的に拡充

16年度当初予算案(ZEB分含む)⇒110億円

 

※「ゼロエネルギービル=ZEB(ゼブ)」

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House)=ZEH(ゼッチ)」

 

また、2016年4月には建築物省エネ法が施工予定で、「性能向上計画認定住宅(省エネ基準に適合した住宅より10%性能が高い住宅)」に対し、一戸あたり100万円(要件により50万円の加算あり)を上限に補助する制度も加わっています。

 

新築戸建を購入するなら、2020年の最新基準を取り込みつつ、仲介手数料もかからず、間取りや仕様をカスタマイズできる㈱朝商を是非ご検討ください!

 

㈱朝商は「自社仕入・自社施工・自社販売」を徹底し、メンテナンスやアフターサービスまでを充実させている数少ない施工店です(*^^)v

 

順次新着物件も掲載してまいりますので、お気軽にお問合せくださいませ!!

㈱朝商の誇るソフィアタウンシリーズ

フリーコール:0800-777-1101(9:00~19:00)

 

不動産売買が初めての方でも安心!迅速かつ正確に、誠心誠意対応いたします!

受付時間 9:00~18:00(年中無休)042-525-7737 お問い合わせ
TOP