【住宅取得税制】住宅ローン減税 その①一般住宅編 (σ´∪`σ)

皆様こんにちは。

㈱朝商ひとり広報課長の瀬谷です。

さて、住宅取得支援情報 第1回目は

「住宅ローン減税(一般住宅)編」※期間は平成31年6月末まで

 

【内容】

住宅を新築・取得した場合、住宅ローンの金利負担を軽減するため、年末のローン

残高の1%が所得税から10年間控除されます。

前年分の所得税から控除しきれない場合は、翌年の住民税から控除を受けることができます。

この場合の控除額の上限額は13.65万円です。

 

【このような方が対象です。】

■合計所得金額が3,000万円以下の方。

■その者が主として居住の用に供する家屋であること。

■住宅の床面積が50㎡以上。

■住宅の取得又は工事完了から6ヶ月以内に入居。

※中古住宅への適用は別途ご確認ください!

 

また、

 

●住宅ローン減税の適用を受けていた人が、転勤などやむを得ない事情により一時転出し、

その後再び入居した場合についても再適用が可能。

 

●住宅を居住の用に供した年に、転勤などやむを得ない事情により転出し、その後、同一年の

12月31日までに再び入居した場合についても同様。

 

せっかくの制度、利用しない手はありません!!

詳細はこちらから

「すまい給付金」サイト

http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/

次回は「認定長期優良住宅」編です!

お楽しみに~☆

不動産売買が初めての方でも安心!迅速かつ正確に、誠心誠意対応いたします!

受付時間 9:00~18:00(年中無休)042-525-7737 お問い合わせ
TOP