【日経新聞より】相続空家ー売却で節税ー

GW直前週末こんにちは☆

㈱朝商・ひとり広報課長の瀬谷です。

皆様、ご予定は組まれておりますか?

まだまだ!!って方は、是非㈱朝商の誇る

 :-) 「ソフィアタウンシリーズ」 :-) 

観にいらしてくださいませヽ(^o^)丿

 

さて、本日は「相続空家 売却で節税」をお伝えします!

 

今年4月から、相続した空き家を売却して得た利益に関して、

いくつかの条件を満たすと3千万円の特別控除が認められる

ようになりました。

この控除の結果、最大で600万もの節税になります。

 

具体的にはどんな条件かといいますと、

①1981年5月までに建てられた一戸建て

②亡くなった人が一人暮らしをしていた自宅

③相続発生以降、住んだり、貸したり、事業をしたりしていない

④相続発生の3年後の年末までに売る

⑤建物を解体するか、新耐震基準を満たすよう改修している

⑥売却価格が1億円以下

 

以上の条件を満たせば先にお伝えしたような、優遇が受けられます。

 

仮に空き家をリフォームして、賃貸した場合にも600万円の

プラスにするには相当な年月がかかる上、その間の経年劣化

も避けられません。

借主がいないというケースも考えられます。

 

相続などは、思い入れのある物件や土地であることが多い

ですが、不動産の譲渡所得に対しては最大で20.315%の

税率がかかるため、“空き家放置を減らす”という国の政策に

乗っかってみるのも、現実味があってよいかもしれません。

 

朝商では、土地のみならず、戸建付土地など相続対策としての

ご売却もトータルサポートしております☆

 

用地仕入担当は、多摩地域・東京都下で20年以上に渡って

実績のある精鋭ばかりです!

GW期間中も休まず営業しておりますので、お気軽に

ご相談ください☆

フリーコール:0800-777-1101

受付時間:9:00~19:00

 

 

 

 

不動産売買が初めての方でも安心!迅速かつ正確に、誠心誠意対応いたします!

受付時間 9:00~18:00(年中無休)042-525-7737 お問い合わせ
TOP