【日経新聞より】まずは耐震診断を

ひとり広報課長の瀬谷ですΣ(´Д`lll)

え~・・・かれこれ1か月半近く、こちらのコーナーの更新が

滞っておりました。

もう「職務怠慢」「働かざる者賃金得るべからず」で猛省

しております。

 

いろいろね、思案はしていたんですよ。

「どんな内容がいいかな~」

とか

「継続して情報提供するには、どこからネタ調達すべきかな~」

とかね。

 

そのうち1か月半が経ってしまったわけです。

 

今後は四の五の言わず、更新いたします・・・。

 

さて、気を取り直しまして、本日お伝えする内容は

ずばり「耐震診断受けてね!」

っていうものです。

 

建築基準法による耐震基準は、1981年5月着工までは

「震度5強の地震でほとんど損傷しない」

となっておりましたが、同年6月以降着工では

「震度6強~7で倒壊しない」という新耐震基準が設けられました。

現在、旧耐震基準で施工された住宅は全国に約1500万戸あると

されており、そのうち大地震で倒壊するとされているのは

約900万戸とされています。

 

最近は、本当に地震が多く、断層がこれまでの想定よりも

深く、活動も活発化しているとの情報が流れていますよね。

熊本地震では、建物の下敷きになって犠牲になられた方も

いらっしゃり、

“いつどこで”

“何が原因で”

被害に遭うかわからない、大変恐ろしい状況となっています。

だからこそ、命を守るため、自分でできる対策を

した上で被害を最小限に食い止めるため、すぐにでも

行動しなければなりません!

 

「耐震診断」は、旧基準の場合、自治体からの補助金があるので、

通常受けると20万円前後かかるところ、5~15万円の補助が

受けられます。

 

設計図がなかったり、建物の構造自体が複雑ですと価格は

上がりますが、それでも、その金額で命と大切な財産を

守れると思えば決して高い金額ではありません!

 

「災害は忘れた頃にやってくる」

 

昔から言われている言葉です。

 

いつか、そのうちではなく、「今」思い立ったこの瞬間に

行動しましょう☆

後悔先に立たずです!

 

次回は今後の「お役立ち情報」企画の予告をいたします!

今後はサボらないように肝に銘じます!!

不動産売買が初めての方でも安心!迅速かつ正確に、誠心誠意対応いたします!

受付時間 9:00~18:00(年中無休)042-525-7737 お問い合わせ
TOP