【日経新聞より】オサレな注文住宅は考えもの???

㈱朝商ひとり広報課長の瀬谷です!今日は日経新聞より、デザイナーズ住宅の

注意点をお伝えします!

 

まぁ、「一戸建てを買うぞー!!」ってなった場合、間取り、設備、収納

と考えだせばキリがなく、妄想が止まらなくなりますよね。

だって、妄想はタダで、かつ無限ですから☆

 

私共、朝商でも「注文住宅」には今後力を入れていく方針ですので、お客様の

家族構成・ライフスタイルなどに合わせて、1つでも多くのご要望を「カタチ」に

して差し上げたい!と思ってはいるのです。

 

 

ただ、

 

 

 

本日の日経新聞にはオサレなデザイナーズ住宅について、

「かさむ修繕費・売りにくく」

というタイトルの記事が出ておりましたのでご紹介します。

 

大手住宅メーカーなどのテレビCMでも「これ箱ですか?」って思うくらいの

フラットで洗練された住宅が映ってますよね。

やけに窓が多くて、「日当たり・開放感半端ない!」といったものまであり、

瀬谷も欲しくなるくらいです。

 

しかし、このフラットな「軒がない」っていうのが、実は曲者だったりします。

軒のない住宅は一般的に雨漏りの可能性が高くなり、雨や風が外壁へダイレクトに

あたるので、劣化スピードが確実に上がります。

事前に劣化に対する対策・配慮をした上で施工するなら問題はないのですが、

何も考えずに「オサレだから、カッコいいから」といった見た目的な理由

だけで設計してしまうと思わぬ「修繕コストの高騰」を招いてしまいます。

 

また、外観にこだわって逆に形状が複雑だったり、装飾が付いていたり

しても、修繕費の半分を占める「足場代」が高くつき、費用も労力も無駄に

かかるだけでなく、「中古住宅市場での価値」もグッと下がります。

 

中古住宅市場では「より多くの人が好む外観や間取り」が好まれます。

まぁ、言い換えれば「無難」が一番ということです。

すでに中古である上に、突拍子もないデザインや形状をしている建物を

欲しがる人は早々いません。

 

現在、中古住宅市場に出ている物件の30%はなんと築10年以内の建物です。

施工当時は一生住むつもりでいても、仕事や家族の事情で手放さざるを得なく

なることも考えられます。

 

そうなったときに、ご自身の希望価格で売れる建物はほとんどありません。

かつ、間取りやデザインが特異となれば、さらにその価値は下がり、最悪、

買い手がつかないという状況も考えられます。

 

結局のところ、本当にデザイン性の高い住宅というのは、建物形状がシンプル

で、雨漏りや修繕、省エネ性、耐震性などについて十分に配慮されている、

「住んでからの全て」に優しい住宅なんですね。

その上に、売買時や賃貸時にも市場性が見込まれ、加齢配慮のある住宅が

最強です。

 

朝商でも、限られた敷地面積の中で、部屋の構成はシンプルに、家事同線は

便利に最短で、お子様部屋などは将来的に分室できるようになどの

「利便性と自由度、将来の修繕やリフォームが容易」になるような間取り、

作りのご提案をしております。

 

今、これが欲しい!

 

ではなく、

 

いかに長く快適に住めるか

 

を重視した設計を、朝商の専属一級建築士と一緒にしてみませんか?

土地はすでにお持ちで、建物だけ相談したい!といった請負のご相談も

大歓迎です☆

お気軽にフリーコール、またはWEBサイトからお問合せください(#^.^#)

不動産売買が初めての方でも安心!迅速かつ正確に、誠心誠意対応いたします!

受付時間 9:00~18:00(年中無休)042-525-7737 お問い合わせ
TOP