【住宅取得融資制度】フラット35S 金利引下げ継続中!!

皆様、おはようございます☆

㈱朝商ひとり広報課長の瀬谷です。

いやいや、もう10月に差し迫っているというのにこの暑さ、大分イラつきますね。

さっさと涼しくなりやがれ!このやろーっ!!といった感じですが、涼しくなったらなったで

もの凄い量を食べてしまうので、それはそれで危険でがす。

 

 

さて、本日はこれまでにお伝えしてまいりました、「税制」を少々離れまして、

終了期間が迫っている「フラット35S」についてです。

 

もともと平成28年度いっぱいの事業であること、予算額に達した時点で終了

いうことで、ちょっと優先順位高めでございます。

 

フラット35はほとんどの方耳にしたことがあると思いますが、

「S」

がついたら何が違うのか、ご存じですか?

 

省エネルギー性や耐震性に優れた住宅を取得する際に、この「S」認定が受けられ、

その「フラット35S」に該当する場合は、現在、金利が本来のもの(通常のフラット35)

から0.3%引き下げられています。

 

さらにプランが2つございまして、AとBがあり、Aは引下げ期間が10年、

Bは引下げ期間が5年です。

 

じゃぁ、AとBは好きな方を選べるのかというと違います!!

 

建てた住宅の性能によりAなのかBなのかが決まるのです☆

具体的な要件はこちら↓ (いずれかひとつに該当が条件)

 

「A」

■省エネルギー性:

●認定低炭素住宅

又は

●「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づく「住宅建築主の判断基準」に

適合する住宅

■耐震性:耐震等級3以上

■バリアフリー線:高齢者配慮対策等級4以上

■耐久性・可変性:長期優良住宅

 

「B」

■省エネルギー性:断熱等性能等級4以上

■耐震性:耐震等級2以上 又は 免震建築物

■バリアフリー性:高齢者配慮対策等級3以上

■耐久性・可変性:劣化対策等級3の住宅で、かつ維持管理対策等級2以上

 

とやはりAの方が有利なので、条件が厳しくなっております。

 ※詳細はこちら

「住宅金融支援機構」

 

㈱朝商ではお客様のご希望に沿ったプランにするための、細かい設計打合せ等も

全て専属の設計士が行います。

 

自社設計・自社施工だから、「本当に条件を満たせているの?」といった心配は

無用にございます☆

同じ住宅ローンを払うにしても、〇千万となれば0.3%の引き下げはかなり大きな

金額です!

 

お気軽にフリーコールまでお問合せください!!

不動産売買が初めての方でも安心!迅速かつ正確に、誠心誠意対応いたします!

受付時間 9:00~18:00(年中無休)042-525-7737 お問い合わせ
TOP