【日経新聞より】譲渡所得の特別控除♪

皆様こんにちは。

㈱朝商、ひとり広報課長の瀬谷です。

 

さてさて、今回お伝えするのは日経新聞より「譲渡所得の特別控除」編です!

この制度は、空き家の放置を防ぐため、相続による古い空き家またはその空き家を

除去した敷地を売却した場合、譲渡所得から3,000万円が控除されるというものです。

こちらの制度は、空き家の有効活用を促進することが狙いで、平成28年から新たに

創設された制度です。

 

ただし!!

 

条件がございますので、ご注意を!

 

■相続開始の直前に被相続人の居住の用に供されていた

■昭和56年5月31日以前に建築された

(耐震性のない住宅については、耐震リフォームを行ったばあに限る。)

■相続開始の直前に、被相続人以外に今日中をしていた者がいなかった

■平成28年4月1日から平成31年12月31日までの間に譲渡

■譲渡額が1億円を超えない

 

以上が条件となります。

 

瀬谷の自宅近くにも空き家の放置がありますが、本当に危険ですよね。

崩れたりする以外にも、放火や犯罪現場の温床となりかねません。

 

お心当たりのある方は、速やかな売却を検討し、朝商に是非ともご相談ください☆

 

不動産売買が初めての方でも安心!迅速かつ正確に、誠心誠意対応いたします!

受付時間 9:00~18:00(年中無休)042-525-7737 お問い合わせ
TOP